選手紹介
大会情報
スクール・体験会
公式記録
TOPICS
お知らせ

記録会ルール

ルールについて

まず、記録会ルールについてご説明します。記録会ルールとは、記録会で採点を行う際に必要となるルールのことです。競技のクラス難易度は下記の3つに分かれます。

プラクティス スタンダード アドバンス
初心者レベル 中級者レベル 上級者レベル

フラットとは?

決められた競技枠(6x6または9x9)の中で技を行う競技です。何もない平らな場所で行う競技のことを指します。


ランページとは?

半円系の競技施設のことを指します。NRSFでは60cm及び90cmの比較的小さなものを公認ランページとしています。記録会ルールはクラスごとに技のやり方や競技の方法が異なります。

大きく分けて下記のようになります

プラクティス スタンダード アドバンス
フラット(6x6) フラット(9x9)
フラット(9x9)
ランページなし 60または90ランプ 60または90ランプ

クラスによってルールが異なっていますね。スタンダード・アバンスクラスのルールはフラット・ランページの2部構成です。プラクティスクラスは技術が未熟なため、フラットの競技のみで構成されています。


演技について

次に各演技についてご説明します。

規定演技とは?

規定演技とは、予め決められた演技のことです。フィギュアスケートをイメージするとわかりやすいと思います。決まった順番に技を決めていくことで、点数が加算されます。

自由演技とは?

自由演技とは、規定演技が終わった後に余った時間で行う演技のことです。各クラスに割り当てられた技リストから、出来る限り高得点を狙います。難易度が高くなるにつれて、獲得できる得点も高くなります。


記録会

プラクティスルール

初級者レベルの記録会内容です。

構成はフラットのみとなっています。

フラット

実施ルール

場所 時間
6x6の競技枠 30秒以内

実施内容

  1. レイルスタンドアウト(フロント)
  2. チックタック(6M)
  3. テールブレーキ
  4. ハーフフリップ(進行方向を反転してから)
  5. エンドウォーク(ハーフ)×4回連続
  6. ボディバリアル×2回連続
  7. レイルスタンドアウト(バック)

技名 得点 基準
ハーフフリップ 1点 着地時に両足でデッキを抑えられている。
チックタック 2点 6M足をつかずに前にすすめている。
ボディバリアル 2点 着地時に両足でデッキを抑えられている。交互に3回連続で行えている。
F/S レイルスタンドアウト 3点 着地時に両足でデッキを抑えられている。
エンドウォークハーフ 3点 4回連続で前方にすすめている。
テールブレーキ 4点 テールブレーキでバランスを崩さずに2秒間停止できている。
B/S レイルスタンドアウト 4点 着地時に両足でデッキを抑えられている。

スタンダードルール

中級者レベルの記録会内容です。

スタンダードクラスからはフラットに加え、ランページも追加されています。

フラット

実施ルール

  1. 規定演技+自由演技(得点の高い上位4個を採用)
  2. トライ数45秒を1回(決勝は2回)
  3. 転倒しても続きから始めることができる
  4. 規定演技(最大50点)+自由演技の得点(最大50点)+構成点が得点となる
  5. 構成点は全ての技を枠内で行うことができれば、10点加点とする。
  6. ※ 助走のために一時的に枠外を使用することは可能とする。
  7. 演技中に枠外で行った技はミスとしてカウントされる。

規定演技

  1. フィンガーフリップ(両足付き)
  2. ドッグウォーク(ハーフ)×10回連続
  3. ショービット(ハーフ)
  4. エンドオーバー(ハーフ)×2往復連続

自由演技

  1. 規定演技後に 下記9個の技リストから技を行う
  2. (技の個数制限なし)得点の高い上位 4つを得点として採用する
  3. 同じ技は一回目だけ得点対象となる
  4. 得点表以外の技は得点に加算されない
技名 得点 合格基準
チックタック 5 左右5往復できている
ハーフフリップxエンドウォーク(ハーフ) 7 両足で左右同時に着地できている。4回連続で前方にすすめている。
ショービットハーフ 9 着地時に両足でデッキを抑えられている。90度以上180度未満回転させている。
フィンガーフリップ(足つき) 10 着地時に両足でデッキを抑えられている。飛ぶタイミングと手を離すタイミングが同時に行っている。
F/Sレイルスタンド 10 技をしたあとに2秒以上バランスを保てている
B/Sレイルスタンド 10 技をしたあとに2秒以上バランスを保てている
エンドオーバーハーフ 12 90度以上180度未満でB/S1往復F/S1往復を連続で行えている。
ドッグウォークハーフ 13 着地時に前足のつま先がノーズを向いてる。90度以上180度未満を連続で10回行えている。
ショービット 15 着地時に両足でデッキを抑えられている。180度以上270度未満回転させている。

得点内訳

基準 得点
4個成功 50点
3個成功 35点
2個成功 20点
1個成功 10点
成功なし 0点

ランページ

実施ルール

  1. 規定演技+自由演技(得点の高い上位4個を採用)
  2. トライ数45秒を1回(決勝は2回)
  3. 転倒しても続きから始めることができる
  4. 規定演技(最大50点)+自由演技の得点(最大50点)+構成点が得点となる

構成点

  • 60ランプでヒモ使用は合計点x0.9とする。
  • 60ランプ紐不使用は合計点そのままとする。
  • 90ランプ使用は合計点x1.1とする。

規定演技

  1. ドロップイン
  2. インターフェイキー
  3. テールタップ
  4. インターフェイキー
  5. キャブロック
  6. テールタップ
  7. インターフェイキー
  8. ガムチョップ

自由演技

  1. 規定演技後に 下記8個の技リストから技を行う
  2. (技の個数制限なし)得点の高い上位 4つを得点として採用する
  3. 同じ技は一回目だけ得点対象となる
  4. 得点表以外の技は得点に加算されない
技名 得点 合格基準
ターン1往復 3 下半身よりも先に上半身が先行している。一度のターンで90度以上反転している。対面のRまでコケずにすすめている。
テールタップ 5 テールをコーピングに固定したときに重心がテールにある。停止したときにバランスを崩さずに立てている。
インターフェイキー 7 コーピングにデッキを押さえて一瞬でも止まることが出来ている。コーピングにウィールが当たらずに掛け外しが出来ている。
キャブロック 10 コーピングにデッキを押さえて一瞬でも止まることが出来ている。コーピングにウィールが当たらずに掛け外しが出来ている。
B/Sストール 12 最初から最後までコーピングの上にトラックがある。テールのかかと側ウィールとノーズつま先側ウィールがコーピングにあたった状態でバランスが取れている。対面のRまでコケずにすすめている。
ノーリーガムチョップ 12 コーピングにウィールがあたったあと全輪が浮いている。コーピングにウィールを当てずに対面のRまでコケずにすすめている。
ガムチョップ 13 コーピングにウィールがあたったあと全輪が浮いている。コーピングにウィールを当てずに対面のRまでコケずにすすめている。
F/Sストール 15 最初から最後までコーピングの上にトラックがある。テールのかかと側ウィールとノーズつま先側ウィールがコーピングにあたった状態でバランスが取れている。対面のRまでコケずにすすめている。

基準 得点
8個成功 50点
7個成功 40点
6個成功 32点
5個成功 25点
4個成功 20点
3個成功 15点
2個成功 10点
1個成功 5点
成功なし 0点

アドバンスクラスルール

上級者レベルの記録会内容です。

フラット

実施ルール

  1. 規定演技+自由演技(得点の高い上位4個を採用)
  2. トライ数45秒を2回
  3. 転倒しても続きから始めることができる
  4. 規定演技(最大80点)+自由演技の得点(最大99点)+構成点が得点となる
  5. 構成点は全ての技を枠内で行うことができれば、10点加点とする。※ 助走のために一時的に枠外を使用することは可能とする。
  6. 演技中に枠外で行った技はミスとしてカウントされる。

規定演技

  1. フィンガーフリップ
  2. エンドオーバー×6回連続
  3. B/Sレイルスタンド
  4. レイルスタンドアウト(得点なし)
  5. エンドウォーク×6回連続
  6. F/Sレイルスタンドtoフリップ

自由演技

  1. 規定演技後に下記12個の技リストから技を行いう
  2. 得点の高い上位 5つを得点として採用する
  3. 同じ技は一回目だけ得点対象となる
  4. 技リスト以外の技は得点に加算されない
技名 得点 合格基準
エンドウォーク(フロント)×6回連続 13 180度回転できている。6回連続でできている。
エンドウォーク(バック)×6回連続 13 180度回転できている。6回連続でできている。
エンドオーバー(バック)×6回連続 13 180度回転できている。6回連続でできている。
フィンガーフリップ 17 デッキは横方向に360度回転している。着地時に両足でデッキを抑えられている。
レイルスタンドtoフリップ(フロント) 17 横方向に270度回転できている。着地時に両足でデッキを抑えられている。
レイルスタンドtoフリップ(バック) 17 横方向に270度回転できている。着地時に両足でデッキを抑えられている。
キャスパー 18 180度回転させている。技の途中で地面に足がつかない。着地時に両足でデッキを抑えられている。
キックフリップ 18 デッキは横方向に360度回転している。着地時に両足でデッキを抑えられている。
レイルtoレイル 18 デッキは横方向に180度回転している。着地時に両足でデッキを抑えられている。
フェイキービッグスピン 19 デッキは360度回転している。体は180度回転している。
レイルフリップ 20 デッキは横方向に270度縦方向に180度回転している。着地時に両足でデッキを抑えられている。
オールドキックフリップ 20 デッキは横方向に360度回転している。着地時に両足でデッキを抑えられている。

基準 得点
5個成功 80点
4個成功 65点
3個成功 50点
2個成功 35点
1個成功 15点
成功なし 0点

ランページ

  1. 規定演技+自由演技(得点の高い上位4個を採用)
  2. トライ数45秒を2回
  3. 転倒しても続きから始めることができる
  4. 規定演技(最大90点)+自由演技の得点(最大90点)+構成点が得点となる

構成点

  • 演技中に体の一部がスケートボード以外に触れなければ10点加点とする。

規定演技

  1. ドロップイン
  2. F/Sフィフティグラインド
  3. B/Sディザスター
  4. ストール
  5. B/Sストールフェイキーアウト
  6. テールタップ
  7. B/Sロックンロール
  8. インターフェイキー
  9. テールタップ
  10. フェイキーショービット

自由演技

  1. 規定演技後に下記19個の技リストから技を行う
  2. 得点の高い上位 5つを得点として採用する
  3. 同じ技は一回目だけ得点対象となる
  4. 技リスト以外の技は得点に加算されない
技名 得点 合格基準
B/Sロックンロール 12 コーピングにデッキを押さえて一瞬でも止まることが出来ている。コーピングにウィールが当たらずに外せている。対面のRまでコケずにすすめている。
B/Sファイブオー 17 テールかかと側ウィールがコーピングに固定されている。ノーズがプラットフォームに向いている。対面のRまでコケずにすすめている。
F/Sファイブオー 17 テールかかと側ウィールがコーピングに固定されている。ノーズがRに向いている。対面のRまでコケずにすすめている。
B/Sスミス 18 テールつま先側ウィールがコーピングに固定されている。ノーズがコーピングよりも低い位置にある。対面のRまでコケずにすすめている。
F/Sスミス 18 テールかかと側ウィールがコーピングに固定されている。ノーズがコーピングよりも低い位置にある。対面のRまでコケずにすすめている。
B/Sストールフェイキーアウト 18 全輪でドライブしている。対面のRまでコケずにすすめている。
F/Sストールフェイキーアウト 18 全輪でドライブしている。対面のRまでコケずにすすめている。
F/Sロックンロール 18 コーピングにデッキを押さえて一瞬でも止まることが出来ている。コーピングにウィールが当たらずに外せている。対面のRまでコケずにすすめている。
F/Sフィーブル 18 テールつま先側ウィールがコーピングに固定されている。ノーズつま先側のウィールが浮いている。対面のRまでコケずにすすめている。
B/Sフィフティーグラインド 19 最初から最後までコーピングの上にトラックがある。テールのかかと側ウィールとノーズつま先側ウィールがコーピングにあたった状態でグラインドしている。グラインド後にバランスを取って一時停止できている。対面のRまでコケずにすすめている。
F/Sフィフティーグラインド 19 最初から最後までコーピングの上にトラックがある。テールのかかと側ウィールとノーズかかと側ウィールがコーピングにあたった状態でグラインドしている。グラインド後にバランスを取って一時停止できている。対面のRまでコケずにすすめている。
B/Sディザスター 19 最初から最後までコーピングの上にトラックがある。テールのかかと側ウィールとノーズかかと側ウィールがコーピングにあたった状態でグラインドしている。グラインド後にバランスを取って一時停止できている。対面のRまでコケずにすすめている。
F/Sディザスター 19 コーピングにデッキを押さえて一瞬でも止まることが出来ている。コーピングにウィールが当たらずににはずせている。
フェイキーショービット 19 コーピングにデッキを押さえて一瞬でも止まることが出来ている。デッキは180度以上270度未満回転させている。コーピングにウィールが当たらずににはずせている。
ボードスライドtoロックンロール 19 コーピングにデッキを押さえてグラインドできている。コーピングにウィールが当たらずに外せている。グラインド後にバランスを取って一時停止できている。対面のRまでコケずにすすめている。
B/Sファイブオーグラインド 20 テールかかと側ウィールをコーピングにあててグラインドしている。ノーズがプラットフォームに向いている。グラインド後にバランスを取って一時停止できている。対面のRまでコケずにすすめている。
F/Sファイブオーグラインド 20 テールかかと側ウィールをコーピングにあててグラインドしている。ノーズがRに向いている。グラインド後にバランスを取って一時停止できている。対面のRまでコケずにすすめている。
ピボットフェイキー 20 テールかかと側ウィールをコーピングにあてている。コーピングにウィールが当たらずに外せている。対面のRまでコケずにすすめている。
ブラント 20 コーピングにウィールが当たらずに外せている。対面のRまでコケずにすすめている。

まとめ

演技やルールが細かく分かれていて一見難しそうに見えるかもしれませんね。でも、ルールを知ることで記録会をより身近に感じられるはずです。ぜひこの機会に記録会のルールをしっかり理解して、見応えのある演技を楽しみましょう。